薬剤師の転職には直接雇用と派遣の2つの方法がある

薬剤師として働くには

薬剤師の転職なら【ファルマスタッフ】 / 薬剤師必見|薬剤師転職ドットコムの特徴や口コミを一挙公開!

薬剤師として働くには、どこかの職場に雇われる必要がありますが、雇用形態としてはその職場からの直接雇用と、派遣会社に所属しての勤務の2つに大きく分かれます。
直接雇用としての転職は、求人を出している職場へ直接問い合わせて、書類審査や面接などの一般的な採用プロセスを経た上で採否が決まります。
転職支援サイトを活用すれば、担当者に任せることで求人の検索からの一連の作業を省略できて、とても便利です。
この直接雇用にも正社員と非正規の2パターンがあるので、薬剤師としての職歴を築きながらも、できるだけ長く働きたい場合は、正社員の求人を探しましょう。
パート勤務であっても、薬剤師としての仕事には変わりなく、他の業種に比べて高時給を得られます。
派遣としての転職は、原則的に所属している派遣会社の担当者が求人とのマッチングを行っており、数ヵ月を目安にした短期間の契約によって働く仕組みです。
自分の希望条件を細かく伝えられる上に、面倒な交渉は担当者が代行してくれるので、一定期間だけしっかり稼ぎたい方に人気があります。

薬剤師として働くには派遣の主なメリット正社員として働いていた場合