薬剤師の転職には直接雇用と派遣の2つの方法がある

派遣の主なメリット

派遣の主なメリットは、仕事をしたい時にすぐに働かせてくれることであり、自分で求人探しから始めるよりもスピーディーです。
契約時に合意した契約期間を満了すれば円満に辞められるので、例えば医療機関の内部での勤務を一定期間だけ経験したい場合にも向いています。
雇用待遇としても充実しているため、はじめての職場であっても、安心して働けます。
もしも職場でトラブルや、契約時の条件とは異なる事柄が発生しても、派遣会社の担当者から職場の責任者に話ができるのも、この雇用形態ならではの特徴です。
契約内容によっては、期間満了の時点で双方が合意した場合に限り、そのまま正社員として働く選択肢もあります。
基本的に不便な地域であるほど時給が高くなるので、あえて田舎で働いて、都心部や地方都市よりも効率良く稼ぐ薬剤師の方も珍しくありません。
ただし、希望条件を多くすると、なかなかマッチングしにくくなるので、自分にとって譲れない条件のみにするといった工夫が求められます。
派遣として期間満了に伴って職場を変わることは通常の流れであって、職歴における転職回数にはカウントしないのが一般的です。

薬剤師として働くには派遣の主なメリット正社員として働いていた場合