薬剤師の転職には直接雇用と派遣の2つの方法がある

正社員として働いていた場合

薬剤師として働くには派遣の主なメリット正社員として働いていた場合

それに対して、正社員として働いていた場合は職歴として扱われるので、まずは気になる職場と似ているところで体験してみるのも、1つの考え方になります。
患者さんとの信頼関係を構築することや、対応のノウハウを学ぶ意味では、同じ職場で長期的に働く正社員の方が有利だから、自分が目指す薬剤師としての在り方をよく考えつつ、働き方を決めるべきです。
どちらも一長一短ではありますが、服薬指導やコンサルティングが重視されつつある現状では、薬剤師としてのキャリアと市場価値にも注意を払っておく必要があります。
一時的に生活費を稼ぐために短期間の働き方をしながら、並行して正社員になるための転職活動を行うのも、それぞれの長所を取り入れた、賢い組み合わせです。